ピュアホワイトについて

画像
今日はまた、トマトの収穫量が今年の記録を更新しまして、目が回る忙しさでした。
15:30に集荷の車が来るまで、昼食の10分間休んだだけで、トイレの暇も無い状態でした。
トラックが荷物を積んで持っていくのを見送ると、一気に「終わった・・・」という脱力感でした。
すっかりその後の仕事をする気力が無くなっていたのですが、丁度内地から畑を見学に来られた方がいまして、結構長くお引止めして話し込んでしまいました。

写真は、夕方のミニトマト(千果)の様子です。
よくわからないかもしれませんが、下から肩の高さあたりまで、朝取ったばっかりなのに夕方にはもう大量に赤くなっています。
明日の収穫が怖いような...


とうもろこし(ピュアホワイト)に関して2つほどご連絡があります。
その1)
この白いとうもろこし(ピュアホワイト)は密かに話題になっているようでして、ちょくちょくTVなどでも紹介されたりしているそうです。
ちなみに今度8月14日(日)に「フジテレビ 晴れたらイイねッ! AM 7:00~」で紹介されるようです。
日曜日の早朝なのですが、よかったら見てみて下さいね。
富良野産で私としては、このように全国的に紹介されるのって、知名度のある富良野などのような土地だけじゃないですか、不満なんですよね。 富良野ってブランドが付いたら何でも売れるんですよ、富良野産とうもろこし、富良野メロン、富良野産じゃがいも・・・、 富良野とか美瑛とか十勝とかそんなブランドのものだけが良いものじゃないんですよ、ブランドに関係なく良いものは沢山ありますからね、北海道には。
あれ?いつのまにか愚痴になってしまいました。

その2)
うちのピュアホワイトは現在順調に成長しています。
産直販売もしていますが、ある理由で販売数を大幅に少なくさせていただくことになってしまいました。 あと、10箱くらいで終わりにさせていただきます。 不本意なんですけど。
というのも、ある農家がピュアホワイトを商社と契約栽培していました。
そのうちでは今年の悪天候続きの影響で、ほとんどまともなピュアホワイトが取れないということです。
このままだと莫大な違約金を請求されてしまうということで、同じピュアホワイトを栽培している私のところに「譲って欲しい」と来た訳です。
私は、産直の一つの目玉として、この白いとうもろこしを作っていたわけで、それを中途半端に終わってしまうことは、かなり不本意ではあります。
しかしながら、新規就農の仲間でもありますし、困った時はお互い様ですから。
最低限の数だけ、うち用に残しておいて、あとは全て彼に譲ることにしました。
そんなわけで、限定数を10箱に設定させていただきます。
産直は->https://cart1.fc2.com/cart/kitatomacart01/

この記事へのコメント

2005年08月12日 10:46
ご無沙汰です。朝晩がすっかり涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。
でも、キタトマさんは相変わらず忙しそうですね。

契約栽培のアキレス腱は「モノが取れない」時が必ずあるということであり、そのリスクをどのようにヘッジするかで、継続できるかどうかが分かれると思います。
「困ったときはお互い様」ではありますし、キタトマさんの懐の深さを感じますが、そうは言っても、予めの備えは必要であろうと思います。(既に可能な限り備えていれば、私の指摘は大変失礼な話ですが)
キタトマ
2005年08月13日 01:14
契約栽培の件、やまたろうさんの言われる通りだと私も思います。
今回の場合はたまたま私が半分趣味で植え付けたものだったということで、営農的には影響の無いところだったので、私も了承できたのですが、やはり契約栽培をするのであれば全て自分の責任において契約をしていただきたいもんですね。

今年から私も給食センターに出荷する契約をすることにしたのですが、契約量は、必ず収穫できるであろう量の1/4程度に留めています。
でも、私は性格的に契約栽培はあまりやりたくないですね。

この記事へのトラックバック