ハウスビニール完了!

昨日に引き続き残り2棟のハウスのビニールを張ってきました。
画像
今日はやや風がありちょっと苦戦、凧のように飛んでいこうとするビニールを80キロのオモリ(自分です)で必至に押えながらビニールサイドを留めていかないといけませんでした。
相変わらず雪はズボズボで疲れますし...
腕・指も足・腿も、もう限界です。
何とか根性で昨日今日で終わらせました。

写真を良く見ると、手前の1棟と奥の3棟のビニールの色の違いがわかると思います。
手前1棟のビニールは去年からの使いまわしの普通のPOフィルム、奥の3棟は新調したUVカットのPOフィルムです。
去年はトマトの害虫アザミウマの被害に悩まされました。
農薬に極力頼らずに害虫被害を抑えるために、大枚をはたいての導入となりました。
手前の1棟は比較用に去年までと同じフィルムにしているという次第です。

そんなわけで、去年までは年間の収穫が終わってビニールを天井まで巻き上げて越冬していたわけですが、今回は全てビニールを剥がしてしまったわけでした。




で、3時前に終わってしまったので、汚れついでに家の横にある育苗用ハウスの中に敷物を敷いてきました。
画像
敷いているのは「育苗トレイ」と言われる30cm×60cmくらいのモミまきをする受け皿を逆さにしたものです。
真ん中は通路、左右に苗が並びます。
急作りのハウスで、内部に土盛りもしていないし、回りに溝も掘ってないので今後おそらく雪解け水がハウス内に流れ込んでくる可能性があります。
それに、地べたがものすごくガタガタで平坦じゃないんですよ。
そのような理由で育苗トレイを敷き詰めたってわけです。

写真でもわかりますが、随分敷物が波打ってるでしょ。
いいんですガタガタでも。
少なくとも一つの皿の上だけを見ればそこは平坦な底なわけですから、トマト苗のポットもちゃんと立ちますし、水はけも抜群です。
苗のポットが若干傾いていてもなんら生育には問題ないんですよ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック