キタトマ農作業日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪1m

<<   作成日時 : 2013/04/09 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トマトの育苗ハウスの準備をしていました。

育苗って農業者なら普通に読めますけど
一般の方は意外と読みにくいんじゃないでしょうか?
「いくびょう」と読みます。
意味は字のごとく、苗を育てることです。

通常の話ですけど
種をまいたら芽が出ますが、トマトの場合これを
小さなビニールポットで35〜40日くらい育てて大きくします。
(育苗日数には季節や地域差もあります)
この間のことを育苗と言います。

大きくなった苗は畑に植えることが出来ます。
もちろん小さい状態で畑に植えてもいいのですが
しっかり育てていい苗にしないとのちのちに良い実が採れないと言うわけです。


画像

育苗ハウスの中です。

ハウスのビニールは外ビニールと内ビニールで二重構造
地面にトンネルの列が左右と奥に計3列ありますが
ここに苗が並ぶことになります。

このトンネルにはビニールを2重にかけて
更に一番上にシルバーの断熱被覆材をかける3重トンネルになります。

つまりハウスの2重ビニールとあわせて苗は外気から5重のビニール等で
断熱されることになります。

こちらはまだまだ-10度とかなる時もありますからね〜

氷点下の空気にあたったら苗は凍って死んでしまいます。
それで終了になります・・・
(俗に「霜にあたる」と言います)

外気が-5度以下になるようだったらストーブも焚きますけどね!

寒い時期の育苗には気を使います(~_~;)


苗は明後日11日に注文しているところに取りに行ってきます。
片道200kmくらいあるから一日仕事なんですけど(笑)
まあ、ドライブ兼ねて!

13日くらいからその苗をビニールポットに移植して
この育苗床に並べ育苗スタートとなります。

なんだかんだ言っても季節は春になっていくんですね〜

ちなみにハウスの外はこんな感じ


画像

雪はあと1mくらいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
残雪1m キタトマ農作業日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる