キタトマ農作業日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の珍しい食べ物・・・なまこ

<<   作成日時 : 2012/01/26 14:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


画像

写真のが「なまこ」です、たぶん漢字で書くと「生粉」です。

正体は澱粉の粉にする前の段階の塊です。


澱粉は今はほとんどジャガイモを原料に作られていますが
いまだに「片栗粉」と呼ばれていますね。

元々は片栗(カタクリ)の花の根っこから作られていたそうですが
大量生産は難しく今はイモを原料に作られています。


もちろん北海道はジャガイモ大国ですからたーくさん片栗粉に加工されています。
余談ですが、小麦王国でもあるから、川崎のとあるプラントに送られたーくさん小麦粉もできています。
ついでにテンサイ王国でもあるから、国内生産量の75%を占める砂糖も作られています。
粉王国やなぁ(笑)


話は逸れましたが

この澱粉生粉は近所の人が自分ちのジャガイモを原料に作ったものをいただきました。

この塊のままストーブの上に置いて(またはフライパンで)
焼きますとこれが不思議
焼いた面が3〜5mmくらいの薄さでベロ〜んとはがれるのです!

食感は、ちょっと歯ごたえのある香ばしい求肥みたいな感じ、

皆さんは砂糖つけて食べるそうですが
きなことか餡子とか和菓子系の味が合いそうですねぇ
ちなみに私は砂糖醤油をつけて食べてますが

ちょっと小腹空いたときに最高です(^_^)v



以上、北海道の珍しい食べ物でした!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは〜
 .....え? 塊が実は層になっていて、それが焼くと剥がれるって構造? 焼いたら求肥っぽい...新粉餅っぽいですかねえ。澱粉同士だし。どうもいわゆる「芋餅」とは違いますよね?
 画像見た時は「え、この発泡スチロール箱にナマコが入ってンの? よく北海道のこの時期にナマコとれるなあ」とか思いましたよ(^^;
まるふう
2012/01/27 00:13
まるふうさんおはようございます。
この塊は層にはなってないんです。
焼くとあら不思議!苦も無くきれいにべろーんとはがれるんです(^_^)v
新粉餅ってよくわかんないんですけど
片栗粉ってとろみをつけるとき使うでしょ、いわばあれの超凝縮して固体になっている状態ですよ!

そうそう北海道って高級ナマコの産地で本場高級中華のブローカーが買い付けに来るそうですけど、おらー食べたこと無いっす・・・
キタトマ
2012/01/27 10:15
 こんばんは〜。いやぁ放射冷却で寒いですよ東京は。昼になってやっとこさバケツの氷が溶けるとか...ほんとに東京か?ってぐらい寒いです。
 うるち米を粉にした新粉餅の代表は、すあまとか柏餅とか外郎とかですね。上新粉は「新粉」の粒子が細かくなった物ですから。
 うーん、片栗粉の固い状態....片栗粉だと透明になるしなあ。

 北海道でナマコとれるなんて思っても見ませんでしたよ。雲丹がとれるのは知ってたんですけどね。ナマコとかホヤとか、怖くて食べられない人なもんで.....。
 
まるふう
2012/01/28 00:49
東京ひえてるようですね〜
しかもさっきニュースで観ましたが
今朝けっこうな揺れがあったようで・・・大丈夫っすか!?

なるほど米を粉にしたものもいろいろあるようですね。
すあま大好きです(^_^)/
なまこ・・・あんまり深く考えないでください(笑)
ごくごく素朴なもんですから!
ただ、こうやってたとえばストーブの上で焼いたのを振舞ったりしたらきっと都会の人は喜ぶんじゃないかなぁ
私も楽しんで食べてますから(^^)

海のナマコは太平洋側でよくとれてるようですよ!
中華で使う高級な乾燥ナマコのほとんどは北海道産と聞きました。
あ、ナマコだめなんですか?ありゃーそりゃもったいない!!
わたしゃ福岡で子供のころからナマコで育ってきたような・・・ウソですが^_^;
青いのより赤ナマコといわれるやつのほうが美味いのです(^_^)v
キタトマ
2012/01/28 12:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道の珍しい食べ物・・・なまこ キタトマ農作業日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる