キタトマ農作業日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ひと段落

<<   作成日時 : 2008/10/15 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

手前から
掘ったじゃがいもと枯れとうもろこしと紅葉?色づいた木々と青空

じゃがいもは、普通はもっときれいに地表に出てくるんですけど
うちは草が多いので、掘ったじゃがいもが草に埋もれてます・・・

枯れたとうもろこしは、すでに全て収穫が終わったもの
近々土にすき込んであげます。
これも立派な有機質の肥料となるんですよ!

そんなわけで、雨のおかげでのびのびになっていたじゃがいもの収穫がやっと・・・やっと終わりました。
よかった雪振る前に終わって(^O^)
去年は13日に雪が降っていたんですよ!
前回の記事でも、マイナス1.5℃ですなんて書いてたのにねぇ
ところが今日は24℃と汗が出るくらいのあたたかさ
これから春になるのかなぁ??

まあ、なにはともあれ、じゃがいもの収穫が終わるとホッとします。
かぼちゃも終わったし
とうもろこしはまだ若干「ピュアホワイト」って白いとうもろこしの収穫が残っています。
トマトは、現在はトマトジュースの原料としてだけ細々と採っています。

まあ、どんなに遅くても、10日後には収穫作業は全て終了しています。

明日からはぼちぼち、今年を締める為の片付け作業を始めようと思います。

やっと人並みの睡眠時間が取れる時期になりました。
あと一息
怪我の無いように、がんばりま〜す!


あ、そうそう
画像

これね
通称「くずイモ」って言います。
つまり、生食用で農協へは出荷できないじゃがいもです。

・ほんのわずかに傷がある
・表面の一部がクレーターのようにあばたがある
・一部が緑化している
・形が悪い
・規定サイズより小さい
・規定サイズより大きい

これくらいです。
9割がたは、まったくそのまま食べても、正規品となんら変わりはありませんし、
残りの1割も、悪いところをちょっと切り捨てれば
なんら問題ないものですよ!
うちではこの「くずイモ」の一部を冬用の食料として取り置きしています。

うちの場合で、今年はこの「くずイモ」は2.5〜3トンほど出ます。

もったいないですねぇ
日本人ってやっぱりいまだに色つや形だけで、野菜を選ぶ傾向が強いんでしょうね。
贅沢な国ですよね、食べるのにまったく問題ないものをゴミ扱いするんですから。
近い将来、食糧危機になると言われてますよね、どうなることやら

少なくとも、現段階でも政府はこの通称「くずイモ」を
アフリカの飢餓地帯への救援なんかにでも使ってくれると喜んで協力するんですけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おつかれさまです.......
そういえば18時のラジオ第一放送の天気予報で、明日は渡島半島方面でも霜注意報出てましたよ。
東京も今日は温かくて、夕方4時頃に赤坂見附で20度でした。予報以上に温かくて、ここんところシーズン終了かと思ってたアブラゼミが一匹寂しく電柱で鳴いてました......。

ところでその屑芋の自家用以外はどうするんですか? 
まるふう
2008/10/15 20:09
まるふうさんこんばんは
この時期の天気は良くわかりません。
昨晩も予報は晴れでしたが、1時間くらい豪雨でした。
けどもう大丈夫です、芋の収穫終わったし。
季節外れのアブラゼミですか、なんだか悲しげですね。
今年はまだ雪虫みないんですよ〜

屑芋は澱粉つまり片栗粉になります。
だからまったくの無駄ってわけじゃないです。
澱粉は専用品種(コナフブキって品種です)の馬鈴薯を原料にするんですけど、その他生食用のじゃがいもの屑芋は行き場が無いので、「じゃー澱粉にも使ってやるか」ってことでお引取りしてもらってます。
1トンで千円くらい、アホらしくてやってらんないです。
ただこれに補助金があって、ほとんどの農家は対象になるので、たぶん10倍くらい貰ってるんじゃないかなぁ?
新規就農者であるうちは、その補助金の対象にならないので、千円です。
どうせ千円なら、飢餓で苦しむ国で喜んでもらえたらいいなぁなんて思うわけです。
屑南瓜はかわいそうですよ、
畑に放置されバクテリアに分解され有機肥料になるだけ。
今、こちらに来ると、屑南瓜拾い放題! 霜が降るまでの期間限定です!!
キタトマ
2008/10/15 22:12
なるほど、澱粉......

どうなんですかね、家畜の餌として売るのとだとまだ馬鈴薯澱粉の方が高いんですかね。
芋とか煮て豚の餌にしてる、なんてのが明治時代に書かれた某英米文学にあったような気がします。カボチャも家畜の餌になれば良さそうですけどねぇ。
そうそう、ハロウィン用の黄色カボチャはアメリカでは家畜飼料なんだそうです。たしかに食べたけど甘みも無くて水っぽくて不味かったです。

まるふう
2008/10/15 23:59
家畜の飼料もこのご時世、かなり値上がりしているみたいだから、クズの馬鈴薯や南瓜を利用するのは良いかもしれないですね。
澱粉と家畜飼料、どちらがいいか検討の価値はありそうですね!
確かにあの南瓜はまずそうですね。
でも日本の品種は美味いって聞いてるんですけどねぇ、でも美味そうには見えないですけど・・・
キタトマ
2008/10/18 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひと段落 キタトマ農作業日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる