キタトマ農作業日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS じゃがいも畑とトマトの被害

<<   作成日時 : 2008/05/31 01:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

寒いですねぇ
ここ3日間、晴れて天気は非常にいいんですけど、最高気温で15℃、明け方の最低気温は昨日も今日も0℃
ついに0℃まで下がりましたよ。
厳密に読むと0.2℃
もうちょっと、ほんのちょっと下がったら水が凍り始める温度
人間とハウスの中のトマトはまだ耐えれるとしても、外に植えてるとうもろこしはかなりやばかったです。
どこまで苦しめてくれる天候なんでしょうか・・・
本当にもうこれ以上下がったらアウトです(x_x;)



画像

これは昨日までのじゃがいも畑
もう芽が出てましていい感じに見えるでしょ
ただ、ずーっと奥の方見ると、地面がかなり緑になってるのわかります?
ぜーんぶ草、雑草です。
これを放っておいたら、すごい草畑になっちまいます。

で、じゃがいもの盛り土も兼ねて
画像
こんな感じになりました。

じゃがいもの芽は全て土の下です。
またそのうち出てくるでしょう。
もう夕方なんで、夕焼けに照らされて土が赤いですね

ついでに自分も長い影で登場





トマトの話しです。
画像

画像

上の木と下の木、すぐ隣同士なんですけど、あきらかに様子が違うのわかりますか?

上のはいい色して葉っぱも広がりいかにも健康そうだけど
下のは色も悪いし葉っぱが萎縮しちゃってダラーンとなり元気なさそうでしょ
なんでかなぁ、病気かなぁって、よーく観察してみると、この株元にやたらアリが居るんですよ。
で、巣を作っていました。
ただ、アリの巣があるくらいでは特に問題ではないのですが、
さらにしばらく観察していると、アリがトマトの下のほうの茎に登って何かしてるんです。
画像
これ、水攻めでアリを追っ払った後なんですけど
茎の付け根、細くなってボコボコになってるでしょ!

ひょえー!なんとアリがかじっていたのです((((((ノ゚听)ノ
で、水や養分を吸いにくくなったトマトの木は上の写真のように衰弱していったのです・・・

たしか去年もこんな感じでダメになったトマトの木が数本あったけど、てっきり病気か何かかと思っていました。
アリが直接トマトの木に害を与える害虫だとも気がつかなかった・・・
ってか、聞いたことないし

他の品種のトマトではこんなの無かったんです、今まで

これは「アイコ」という品種のミニトマト

確かにかなり甘いトマトなんですけど、おそらくトマトの木からして甘いんでしょうね

アリが喜んで食べるくらいだから


このアリたち、今後広がらないように注意しなくては・・・

こんな事もあるんだなぁ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
蟻が食べてるんですか? アブラムシじゃなく?
うーん、うちも今年はアイコの苗を1本ゲットしたので注意しとこ。

うちだと「アリカダン」粉末使うことになると思います。明日はいきなり24度まであがるらしいんで、アブラムシもこわいんですけどね〜。オルトランは蟻には効かないみたいで。

まるふう
2008/05/31 23:37
まるふうさんこんばんは
そうなんです、アリが食べてるんです。
正確に言うとアリがちょちょっとかじって小さな断片にして巣に持ち帰っています。
ただアリの種類にもよるみたいです
害になっているのは比較的大きめのタイプ、だいたい体調7,8mmくらいのやつです。
ハウスの中にもう一種類、3mmくらいの小さなのが居るんですけど、こちらは問題ないみたいです、いまのところ。
私もアリが直接トマトに害を与えるなんて思ってもいなかったのでビックリしました!

アリ退治には粉末剤いいですよね、周囲をくるっと囲っておけば、まずは入ってこれないでしょうね。
そちらではトマトにアブラムシがつきますか?
こちらではトマトにつくアブラムシは居ないようなんです。
キタトマ
2008/06/01 23:55
キタトマさんこんばんは〜。
アリは、種類はわかんないんですけどあちこちの地面の隅っこに巣を作ってますから要注意なんですよね。アリカダン粉末買ってきましたが、この雨でちょっと躊躇中です。でも巣穴に流れ込むかもしれないからいいのかしらん。

 で、アブラムシはつきますねえ。雨上がりにちょっと気温があがるとウンカが飛び回ってアブラムシを産みつけるようです。玄関前にサルスベリがあるんですが、そこもアブラムシとうどん粉病に毎年やられてますし、勢いでそこら中にアブラムシが取り付いてます。
 もしかして低湿度で気温が24度切ると出ないのかも>アブラムシ。あとは風通しがいいと飛ばされますからね。

 うちの庭は、植木とか隣の建造物のおかげで構造的に盆地のようになってますので環境的にはよろしくないですね。車を出して車庫の引き戸あけとけば少しはいいんですが、昨今は防犯上そうも行きませんし(泣)

まるふう
2008/06/05 00:04
まるふうさんこんばんは
アリは巣を作られる事自体は植物にはとくに影響は無いのではないかと思うんですけど、
でもあまり大量にいるのも良くはないですよね。
私も粉末のヤツ、アリの通路の一部に振っておいたら見事に来なくなりました。
アリコロリは薬のエサをアリが勝手に運んで、巣穴の中からアリを全滅させるってやつですけど、
容器に入ってて運ぶ時に地面に結構こぼしちゃったんです。
でもこのこぼしたものが3日くらいで全部消えてました、エッサエッサと巣穴に運んでくれたんですね。

アブラムシの問題はかなり重大なようですね。
マリーゴールドを植えるとアブラムシが寄って来ないらしいですけど、どうですかお試し?
こちらは低湿度でそこかしこ風通しが良いのでアブラムシは滅多に居ません。
ただ、真夏の玉蜀黍は常に気をつけて居ないとアブラムシの団体さんにやられますけど。

都会だと防犯の事も気になりますよね。
こちらは家や車も鍵をかけないようなところです(笑)
キタトマ
2008/06/05 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
じゃがいも畑とトマトの被害 キタトマ農作業日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる