キタトマ農作業日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS きました、今期最低気温

<<   作成日時 : 2007/12/26 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

クリスマスが過ぎた12/26 午前1時の気温計です。
この時点でマイナス21℃となっています。
明け方にはもうちょっと頑張ってマイナス22℃、めでたく今期最低気温となりました。
(左の上のほうの青い針の一番下の部分で読みます)

この写真撮るのに、トレーナーとジャージの室内着で外に出ましたが、2分くらいが外に居る限界でした。

まだまだ、この温度計はマイナス40℃までいけるので大丈夫です。


画像

明けるとこんなに青空なんですよ、太陽がまぶしい・・・
晴れの朝-->極端に冷え込む
吹雪など荒れた天気-->気温は高め
晴れると寒く、雪だと暖かい、これがこの土地の常識なんです。
そんなわけで今日は、この快晴で陽が燦々と降り注いでいましたが、一日の最高気温はマイナス12℃でした。


画像

なんでしょう?


こたえは自動車のラジオアンテナです。
アンテナも樹氷状態です。

細いものは何でも樹氷になっています。
電線や電話線も綺麗ですよ!


あ、写真撮りわすれてましたが、
夜通しストーブのチョロ火を炊いているダイニングの窓際の隅に置いてある、うちのワンコの飲み水が凍っていました。



画像

氷柱も成長して屋根から地面まで繋がってしまいました。
放っておくととてつもなく太くなり、万が一折れたときは窓ガラス全損の危険性があります。
明日、屋根の雪下ろし(年末恒例)を兼ねて氷柱もやっつけます。 明日は雪予報なので暖かそうなのでね。

気を抜くと痛い目に逢うんです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めての北海道、雪も氷柱も珍しく怖さを知りませんでした。
雪が屋根を少しづつ滑り落ちてくるのと一緒に氷柱も角度を変えながらガラスに接触。
家の中からツンと氷柱をつつくと、どーんと屋根の雪と共に落下!家の中に雪がなだれ込んで来ました。
氷柱でガラスを割るおまけまでついて・・・
「内地」では考えられない事が起きますね。
氷柱下ろし、お気をつけて。
JOY
2007/12/27 01:06
JOYさんこんにちは
氷柱も可愛いサイズのうちはいいんですけどね、成長してしまうと本当に危険です、重いし硬いし。
そうなんですよね、だんだんと氷柱の角度が窓に刺さるような方向になってきます。
うちのは屋根の雪が全然滑り落ちてこないので、まだその点はマシです。
それにしても、家の中まで雪崩になったとは、大変でしたね。
サッシのガラスも割ると高いですよね。
午後から気をつけて屋根に登ります!
キタトマ
2007/12/27 11:44
こんにちは〜
うう、痛そうな氷柱が.......

ところでふと思ったんですが、もしかして軒先が浅いんでしょうか?>北海道仕様住宅
本州の豪雪地帯は、昔は茅葺きのせいもあるのかもしれませんけど、軒が深くて茅も厚かったですよね。北海道の戦後開拓に入植した人は、クマザサで屋根を葺いたそうですけど。
 いや、軒が深いほうが氷柱が伸びても窓ガラスまで来るのに距離があるんじゃないかなーと。
まるふう
2007/12/29 14:01
まるふうさんこんばんは
昨日、今年最後の屋根の雪下ろし&氷柱落としをしました。 無事でした。

軒先は確かに短いかもしれませんね。
本来はこんなに氷柱ができることがおかしいと思う訳ですよ。
要するに屋根の雪が暖かくて解けて落ちる過程で固まって氷柱になるわけですが、建てた当時はそんな事も無かったのかもしれません、これも温暖化の影響かも?
あと、太陽の仰角が低いので少しでも陽を家の中に取り込もうってこともあるのかも。

こちらの家の作りの特徴
・雨戸が無い(雨戸を知らない)
・網戸も無い(夏場だけオプションで付ける場合あり)
・縁側も無い(見たこと無い)
・厳寒は2段階の戸で寒気をシャットアウト
・瓦屋根は無い(雪で潰れる)
・2重窓
・雨どいも無い(雪で崩壊する)
・垣根とかブロック塀で家の敷地を囲む習慣は無い

こんなところかな、
結構本州方面の家とは違うところが多いですよ!
キタトマ
2007/12/29 23:00
あけましておめでとうございます。

温暖化の影響?なのか今年は暖かくて変ですね。雪下ろししなくていいのは助かるけれど、暖冬はなにか農業に影響ありそうで怖いです。農民は空を見上げながらおろおろするしかできないのかな。。。

多くは望みませんが無病息災、みんなでにこにこできる年になるといいですね。

今年もどうぞよろしくお願いします。
Asako
2008/01/02 09:59
Asakoさんこんばんは
そして、あけましておめでとうございます!
今年は(も?)良い年になるといいですね。

ハウスものは気候の変動の影響は、露地物と比較すると影響は受けにくいですから、まだマシですよ。
うちも更にトマトには力を入れていかないといけないと思っています。

まあしかし、ここはまだ亜寒帯ですから、温暖化してきても温帯になるくらいでしょ、当面は。
それならそれで今、内地で作っているようなものを作ればいいんですよ。
更に温暖化してきたらパイナップルでもマンゴーでもバナナでも、まだまだ色々作れますよ!

もうこうなったら何事も前向きに考えるしか無いわけです。
キタトマ
2008/01/02 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
きました、今期最低気温 キタトマ農作業日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる