キタトマ農作業日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり霜被害

<<   作成日時 : 2007/05/28 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

一縷の望みもむなしくマイナス4℃、ここまで冷えればもはや苗植えをしたとうもろこしに霜が降っても当たり前の状況でした。
画像

写真で茶色っぽい部分が霜にあたったところです。

風で倒れ、霜で枯れた...
踏んだりけったしです。


あ、ところでこのしばれたとうもろこし、恐らく今後行き帰ってくれると信じています。

ハウス内はプラス1℃だったようでトマトにひがいはありませんでした。
しかしもう2,3度下がったら大変なことになるところです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
天候とのにらみ合い、大変ですね。
今年の産直のご案内が届きました。
今年も注文出しますので、よろしくお願いします。
拓真館の絵葉書付きで、niceです!
夏からの出荷を楽しみにしています。
奥さんによろしく。
みさとさとう
2007/05/29 11:49
ご無沙汰しています。<(_ _)>
トウキビ……、大変でしたね。
ホント、復活するよう遠くからですがお祈りします。
てか……
ウチも今日、家の裏の畑に定植しちゃったんですが……
家庭菜園とはいえ……、心配です。
ちいさま
2007/05/29 19:14
みさとさとうさんこんにちは、
この時期に霜が降るのは五分五分の確立、
ああやっぱりね、といえばそうなんですが、去年も5/25にやられたので今年は何となく大丈夫かな?なんて道北の気候をなめていました...
まあしかしこの程度だと”中程度”の被害といわれますので、たぶん若干予定より収穫時期が遅れますが復活はしてくると思います。
あ、もう着きましたかさすが日本の郵便は早いですねぇ。
拓真館行くたびに絵葉書買ってしまうんですよね。
やっぱり絵葉書は溜めてるだけより使った方がいいですよね、まあ拓真館ならいつでも買いにいけるし。
また今年もよろしくお願いしますと、皆さんにもお伝え下さい。
キタトマ
2007/05/29 21:42
ちいさまこんばんは
今朝も0度だったんです、危なかった。
うーんまあ、大変といえば大変でしたが、去年の霜被害ほどショックは受けませんでした。
ある程度心の準備は出来ていたからかな。
それに、とうもろこしは少々霜などの被害にあって、たとえ全ての葉っぱがなくなったとしても、再生してくる事が昨年の経験でわかりましたので大丈夫ですよ、きっと。
しかしトウモロコシ畑の淵にもうもうと生えている雑草(ヒエ)は同じイネ科で同じような葉っぱしててなんで霜にやられないんだろう??不思議。
だから雑草として今の時代まで延々と生き延びてるんでしょうけどね。 さすがだ!と感心してしまいます。

ところで本文あらためて読むと誤字脱字やおかしな文章だったり・・・
昨日は無茶苦茶眠くて、アレだけの文章書くのに船こぎながら1時間半くらいかかったんです実は。
農業やってるとそういう日ってあるでしょう、どうしようもなく起きていられない日って。
キタトマ
2007/05/29 21:49
むむむ、やられてしまいましたね。(T_T)トウモロコシ復活をお祈りしています。

下川もこの時期の遅霜被害は似たような状況です。今夏アスパラの苗たてをしようと思っていますがやっぱり2年に一回くらいは遅霜被害になってしまうかも。何か良い対策はないですかね。。。
Asako
2007/05/30 06:16
 あ〜、やっぱり寒かったんですねえ......
 全国の天気で北海道が真っ白に塗られてたので大丈夫かなあとか思ってたんですけど。
 東京もこの2,3日は「晴れているのにまるで高原のように爽やかすぎる空気」でしたから.......。今日は昼過ぎから雨になってきました。でも瀬戸内で今頃水揚げになる鰆が今年は青森沖で獲れてるそうですから、たぶんそのうち北海道も温まりますよ、きっと。

 ところで今日のNHKの「ためしてガッテン」はトマトを美味しく食べる特集でしたがご覧になられました? 吸物の出汁にしてみたり酢飯にしてみたりと、トマト屋さんには強力な援軍になりそうな番組でした。
まるふう
2007/05/30 21:25
 ちいさき様、初めまして、こんにちは。アスキと申します。札幌の種苗会社に入社して、営業3年目のまだまだ新人の者です。(^_^;)
 検索で「イエローミミ」で突き当たりまして、着ました。

 今年は天気が変なようで、日中は暖かく、夜は寒いですね。
 先日、小樽の農家さんに聞いたら、霜の日の朝は、必ず太陽が出るようなので、太陽が出るまでに、霜を取ると霜の被害が減るとお聞きしました。
 例えば、霜が降りそうな日に畑にワラを用意し、火をつけて守ったり。
 霜が付いたら、太陽が出る前に水等で流し、霜を取るなど。

 来週の週間予報を見ましたら、霜が降りそうな日は少なそうですね。
 とうもろこしが回復するといいですね。
 では、失礼致します。
アスキ
2007/05/31 22:00
Asakoさんこんばんは
去年はハウスの中のトマトも霜でやられたので5/22の記事で紹介したようなハウスサイドを2重にして霜対策をきっちりやっていたおかげでトマトは無事でした。これなかったら多分トマトもやられていました。
とうもろこしは最悪植えなおすとか取り返しがききかすが、トマトは死んだらThe ENDですからねぇ。
アスパラも皆さんかなりやられたようですね。
この時期、出てくるアスパラを止める訳にもいかないのでどうしようもないかも。
アスパラもやられたのを全部切り捨てればすぐに次のが出てくるからって諦めるか、露地アスパラやめてハウスアスパラにするか、いっそのことホワイトアスパラにするか。
対策はそんなところではないでしょうか。
キタトマ
2007/05/31 23:37
まるふうさんこんばんは
いつもアンテナが広いですねまるふうさんは。
この日は日中からアホみたいに寒い一日で、夕方には「これは間違いなく霜だ」と自信がもてるくらい間違いない霜でした。
今日(5/31)はこちらでは21℃で暑かったですが、すぐ近所のオホーツク沿いでは最高気温で5℃くらいとこんなに違うもん?って思ってしまいます。
また、こちらは一日中太陽が照りつける快晴でしたが南の方では(ラジオで)寒くて土砂降りの雨って言っていました。
さすがに日本の国土の25%(くらいでしたっけ?)を占める北海道の広さを感じます。
しっかり地温も温まるのは何時になるんだろうか?

「ためしてガッテン」見ませんでした。
もっともっとトマトやってほしいです。。。
キタトマ
2007/05/31 23:47
アスキさまはじめまして
名寄で農業を営むキタトマと言います。
イエローミミの種苗会社さんなんでしょうか?
スミマセン、今年はわけあって作れませんでした。
でも産直での評判は非常に良かったです。
一つお願いがあるんですが、対病性の高いイエローのミニトマトを作ってください。
水をかける、ワラに火をつけるという霜対策、聞いてはいましたが、なかなか実践できないんです。
水をかけるのは勇気が必要ですよね、端から水をかけていき何十メートルか行ったら、元の場所は既に凍ってそうですよね。
火の方がまだ現実的かもしれませんね、煙で作物を守るわけですよね。ただ霜の時って無風状態ですよね、煙はゆっくり真上に、それでも意味あるんでしょうか?
前もって市役所に「今晩野焼きするぞ」って連絡入れておかないと、何百万もの罰金刑になってしまいます。
でもどっちにしても寝ずの番ですよねぇ、
降ると100%の核心があれば、それも仕方ないかもしれませんが、当日重労働した後の翌日も重労働を考えると、寝ずの番も正直不可能なんですよね。
結局毎年神頼みだけ。。。
キタトマ
2007/06/01 00:07
わたしもトマトの放送を見逃してしまったのですが、再放送があるみたいです。今からビデオ予約しましょ♪下に放送予定のURLを入れておきますね。

http://www3.nhk.or.jp/gatten/schedule/saihousou.html

今年は趣味のトマトでイエローオーレを育てています。これは中玉になるのかな。黄色はサラダにいれるとか、見た目がキレイなのでそういう需要がありそうですね。
Asako
2007/06/01 13:27
Asakoさんこんばんは
ためしてガッテン再放送予定連絡有難う御座います。
6/6の再放送録画予約忘れないようにしよ!

イエローオーレはうちで昨年まで作っていたレッドオーレ(中玉)のイエロー版ですね。
赤と黄色のトマトで彩りもきれいになりますよね。
イエローオーレはそのうち試食させてくださいな!
ミニのイエロー(イエローミミ)は全く酸味が無く非常にフルーティーな甘みのトマト、そのせいか特にお子さんには大好評でした。
ただ葉カビ等非常に病気に弱く木自体も暴れるし手に負えないやんちゃ坊主のような木でした。
最大の問題は赤トマトの1.5倍くらい手間がかかるのに市場価格は赤トマトとほぼ変わらない...スーパーでは高いのに何故??
やっぱり一般流通に卸すような売り方をしていたら苦労も報われませんよね。
今年はいろいろな事情がありイエローは作れなかったんですが、来年以降は是非イエローも復活させたいと考えています。
種苗会社さんには是非頑張って病気に強いイエローミニトマト(もちろん美味くないとダメですよ)を開発していただきたいと思います。
キタトマ
2007/06/01 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり霜被害 キタトマ農作業日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる